地盤補強

地盤調査の結果、敷地には地盤補強が必要と判定されました。
山がすぐ後にあるので、所謂、底なしで支持地盤が無い・・ということでは無いのですが、
山があるということは、たった2m違うだけで支持地盤の深さが極端に違います。
支持地盤が傾斜しているところへそのまま建てると・・力が均一にならず、地盤沈下の原因になります。今回の敷地もそんな状況でした。
建物が建つ端から端まで、5メートルを超える差があり、支持地盤には杭を打つことにしました。
c0103792_16195752.jpg

今回の杭は住宅用の鋼管杭。
地中の土を混ぜたり、セメントを入れたりする地盤改良と違い、細い杭を細かく差すだけなので、
廃棄する土も無く、現場が大変綺麗です。・・ただちょっと改良より高価です。
一昔前までは、住宅で杭を打つなんて考えることはなかったでしょう・・ですが、住宅耐震の進歩や技術が開発されて今ではあたり前のようになっています。
やはり地盤と基礎は一番大事です!
c0103792_16303316.jpg

[PR]
by kokorosolay | 2006-12-14 16:09
<< 木材検査 ろくにんの地鎮祭 >>