擁壁(ようへき)

敷地の裏には山があります。 ちょっと崖にもなっていて、建物を計画するにあたり、その崖対策も問題になりました。 ある程度揺るい傾斜まで山を削るのが一番安価なんですが、裏山は別の人の所有になっているのでそうもいきませんでした。
そこで万が一、崖が崩れたり、土砂が流れた時のために家の後にコンクリートの壁を設けることにしました。 これだけでかなりの費用がかかります。
現場では擁壁工事が完了。
c0103792_16481617.jpg

高さが約2.1m。 正直、それだけだとちょっと威圧感があります。。
建築後、何かそのあたりを緩和できるような方法がないか?思案中です。
[PR]
by kokorosolay | 2007-01-18 16:41
<< 丁張り(ちょうはり) 木材検査 >>